恐怖のドライブ(2007.09.26)  ホームページへ戻る


今回走った地域の地図です。
地図 9/17と9/26の二日に掛けて走ってきました。
一日目は河内の風穴方面へ、二日目は廃村巡りです。


一日目(9/17)
蒸気河内の風穴は滋賀県東部に位置し、滋賀県ではまれに見る鍾乳洞である。
今回、洞内には入らなかったが中は夏でもヒンヤリ、風穴への遊歩道の途中ではお弁当など持ってのんびり昼食などもできそうです。
絵は河内の風穴から500mほど里へ下りた川の畔でモヤが発生していたので車を降りて写真を撮ったところです、9/17はこの地方で30度を超える暑さではあったのですが、この川の畔では涼しげな風がそよそよと流れていました。

多賀の神木の場所から里を眺めるお多賀さんの神木がある峠から、里を眺めたところです。
車窓から一枚。



二日目(9/26)
トリカブトマップの杉から保月に至る道の途中で紫の綺麗な花を見つけたので写真を撮りました。
ネットで確認してみたら何とトリカブトのようである、例の殺人事件に使われたもの。
あまりに綺麗なので一株起こして来ようかとも思ったのだが、花粉からも毒を発生するらしいので踏みとどまって良かった、ほっと胸をなで下ろす。

保月01 保月02 保月の村落で撮影しました、杉地区とは少し趣が違い、手入れが行き届いています。
春から秋に掛けては里に織り住んでいる人が家の補修に来ておられるようです。

山なみ最後の絵は、保月から多賀大社へ降りる山あいで展望が開けた場所があったので一枚撮影。

細道二日間で同じルートを2回辿ったわけですが、山道はとても細く絵のような道がずーっと続きます、一歩間違えば谷底へ転落の憂き目に遭います。
途中で対向車に合えばバックでえんえんと下がる必要があります、幸い今回のドライブでは狭い場所での対向が無かったので冷や汗をかくことは無かったのですが、腕に覚えが無い人はこのドライブコースは無理なので止めた方が良いと思われます。
ということで、やや恐怖のあるドライブに挑戦した二日間でした。