HPへジャンプ Blogへジャンプ

Debianインストール〜設定の覚え書き
インストール編  設定SSH・apache2・proftpd編  cups・プリントサーバ設定  プリント設定失敗例
glantank、cups&ftpd  linuxコマンド群

==========ここまで、2008.04.30==========
9.その他 コマンドなど

*****glantank関連 インストールメモ*****
  dpkg -l を実行して主なパッケージを抜き出して書いています。
バージョン Debian 3.1 Serge
カーネル  Linux GLANTANK 2.6.10-iop1 #22 Fri Aug 19 13:37:07 JST 2005
hi apache2-common 2.0.54-4ba4 next generation, scalable, extendable web se
ii openssl 0.9.7e-3sarge1 Secure Socket Layer (SSL) binary and related
ii perl 5.8.4-8sarge4 Larry Wall's Practical Extraction and Report
ii samba 3.0.14a-3sarge a LanManager-like file and printer server fo
ii ssh 3.8.1p1-8.sarg Secure rlogin/rsh/rcp replacement (OpenSSH)
ii sudo 1.6.8p7-1.2 Provide limited super user privileges to spe
ii swat 3.0.14a-3sarge Samba Web Administration Tool
ii telnetd 0.17-29 The telnet server
ii thttpd 2.23beta1-3sar tiny/turbo/throttling HTTP server

ls    dir    ファイル一覧を取得する。
cat    type   ファイル内容を表示する。
cp    copy    ファイルコピー
rm    del    ファイル削除
mkdir   同じ   ディレクトリ作成
rmdir   同じ   ディレクトリ削除
cd    同じ   カレントディレクトリの移動
mv    ren    ファイル・ディレクトリの移動
chmod    チェンジモード    ファイル属性の変更
    u    所有者       +    属性追加    r    読み込み許可
    g    グループ      -    属性削除    w    書き込み許可
    o    その他                    x    実行許可
    a    ugo全員
    (例) chmod og+r filename
    (例) chmod 644 filename
chown    チェンジオーナー ファイルの所有者・グループを変更する。
    (例) chown -R owner:group filename ・・・・・ -Rを付けるとディレクトリ以下全部の変更

ln -s file1 file2 シンボリックリンクを貼る
    リンクの削除は rm コマンドにて

who  ログインしているユーザを知る
whoami 自分の名前を取得
adduser xxxx ・・・ yyyy
groups ユーザの属しているグループ名の表示
    (例)groups username
gpasswd -a myname www-data ユーザを特定のグループに追加します
 gpasswd -d myname www-data ユーザをグループから削除します
groupmod -n after_group before_group  グループ名の変更
groupmod -g xxx after_group グループIDの変更
find  ファイル検索
    (例)find / -name filename -print
ntpq -pn  NTPサーバの動作確認
e2label /dev/hda6 xxxx とするとラベル名の変更が出来ます
/etc/init.d/apache2 restart で各種アプリを再起動できる
dpkg ーl インストール済みのパッケージを全て確認する。
dpkg -l パッケージ名 指定したパッケージがインストールされているか確認
dpkg --purge xinetd 指定したパッケージを削除する。

/etc/init.d/inetd restart パッケージの再起動を実施(inetdの例)。
gnomeのsynapticからdpkgコマンドと同様のインストール確認が出来る。
halt x端末からシステムを終了させる
reboot 同様にx端末からdebianの再起動を実行する。
export LANG=ja_jp.eucJP 日本語の設定、何故かSSHで漢字は表示できない。
export LANG=ja
nano /etc/passwd ユーザー毎のUID値を参照する。
apt-get install *****
aptitude install *****
http://task01.dip.jp/cgi-bin/test1.cgi のテスト
Debianインストール〜設定の覚え書き
インストール編  設定SSH・apache2・proftpd編  cups・プリントサーバ設定  プリント設定失敗例
glantank、cups&ftpd  linuxコマンド群

HPへジャンプ Blogへジャンプ